2005年11月06日

明日は鈴鹿の決勝ですね・・・

Seesaaでは、、、というか、大抵のブログはそうなんだろうけど、どんな検索結果からウチに遊びに来てくれたかが判るんですね。
私が書き始めた当初から変わらないのは、やっぱり「不登校」またはそれに関するキーワード。五月雨登校とか小児うつなんてのもありますか。
なぜか時期的に増えたりパタっと無くなったりするのが、「アノ団体」「貴Dさん」というアブナイ固有名詞のキーワード。
で、次に多いのが「心理学」に登場するような難しい単語の数々。
  そんな方には申し訳無く思います。
  これは放送大学のまとめなんかを書いたりしたからヒット
  するのでしょうが、それらの多くの単語がどういうことなのか、
  までは書いていないんですよね。
  いずれまた、気力体力お時間があったら書いてみるかも・・・
中には「チャマ」なんて御氏名して下さっている方もいらっしゃいまして、有り難いやらコッ恥ずかしいやら、微妙で不思議な感覚に見舞われます。

そんな中でここ2回ほどですが、「wada−Q」というキーワードでココに来てくださった方がいらっしゃるようです。
熱烈大歓迎!
オバQの間違いじゃないかって?
ちげぇ〜よ!

wada−Qさんというのは、我が家が総動員で応援させてもらってる「TeamJLOC」のドライバーさんです。
我が家がサーキットに足を運ぶようになって今年で4年目ですが、ずっと変わらずJLOCに居てくれるドライバーさんです。
一見クールそうに見えるのに、なんとまぁ、ひょうきんなんですよねぇ。
wada−Qさんの膝の上が、ウチの2号の記念写真での指定席でもあります。
折角ヒットして来て下さったのに、サーキットカテはほとんど書いてないのが現状で、これまた申し訳無く思います。
で、時期としては明日が最終戦ということもあり、イッチョ書いてみようかいな、と。




昨年、GT最終戦の鈴鹿にお邪魔した時、以前JLOCのドライバーさんだったマルちゃんが上位を争っていました。
で、周回遅れのwada−Qさんが操るムルシーちゃんがそこに絡むようになって、我が家は全員スタンドで叫んでいたんですね。
「wadaさん、そこでソヤツ(マルちゃんを追撃しているマシン)の頭を押さえるんだぁぁぁぁ!」
ってね。
「チームオーダーもメーカーオーダーもないから、よぉ=し、おかあさんオーダー発動だぁ」
なんて、冗談で言ってたんですね。
結局wadaさんは道を譲ったんですけど、レース後チームスィートにお邪魔した時にそんなことを話しました。
そしたらwadaさんが言うんですよ。
「それは例えマルちゃんでも、レーサーとして出来ないです。」

カッチョイィ〜〜〜!!!

(ちなみに、マルちゃんは今年、JLOCに帰って来ました♪)

レースの世界は所詮「メーカーが車を売るために」存在するのです。
いくら「そーじゃない!」と言ったところで、だとしたらメーカーオーダーなんて存在してはならないのです。
チームオーダーならまだしも、メーカーオーダーが存在するのですワ。
これではどんな言い逃れもできませんって。

GTだったら第7戦のオートポリス戦を見ればお分かりでしょう。
メーカーが勝たせたいチームのマシンを上位に押し上げるために、同じメーカー別チームのマシンが他メーカーのマシンをブロックしたり、切り込み隊長として先導しゴール直前にスピードを緩めて順位を譲るんです。
それは「メーカーの意向」だから、です。
「そうしなさい」というオーダーがなされるのです。
状況によっては、「今度のレースでは何位未満何位以上に必ず居ること」なんて指示までされるのだそうです。
そんなレースに嫌気を指すドライバーも、存在するらしいです。

そんな世界にあってJLOCはどうよ?と言うと、そんなこととは無縁だと言って良いのでしょう。
だって、JLOCの他にランボいないし・・・去年はいたんだけどなぁ・・・
今年こそ2台体制になってチームオーダーは発令できるのかもしれないけど、メーカーオーダーなんてあるわきゃぁない。

第一、彼等はそんなことしてまで勝ちたいとは思ってないんじゃないのかな?
ランボが好きで、ランボでレースに参加したい。
ただレースに出たいからやってる。
ってことなんじゃないのかな、って思います。
最初は全焼して丸焼け状態のランボを安価で買い取って、レースに出ようとしたんだそうです。
目標はル・マンらしいっす。

ランボでレースに参加することを「お金持ちの道楽」と言う人もいます。
確かにお金がなきゃできないっすよ、レースなんて。
ジャンボ宝くじの1等前後賞を当てたって、エンジン1基買えるか買えないかです。
サーキットでぶつけられて大破したって、確か「ゴメン」で終わりですからね。
つーか、ランボそのものがお金持ちが乗るクルマですからね、そんなクルマでレースなんてどんな金持ちだよ!って話です。
でもね、なにもJLOCの会員の方たちのお財布からのみ、軍資金を出している訳じゃぁないんでしょうよ。
だからこそ、マシンのあちこちにペタペタとスポンサーのステッカーが貼られているんでしょ〜に。
それはどこのチームだって一緒です。
それに「市販車ベース」とか言っちゃってますけど、そんなのウソウソなのは周知の事実でしょ?
スープラの新車なんて既に市販すらされてないじゃないですか、ってこってすわ。
やっかみ半分で人の財布の心配なんてしなくてヨロシイ。

ところがココが板ばさみになる部分でもあると思うんですよね。
勝たなきゃスポンサーもつかないでしょう。
上を狙うドライバーさんだったら、ガンガン勝って名前を売ってF1に近付きたいってと思うでしょうから、管理的なレースをガマンしてでも勝てるチームにシートを確保したいでしょう。
そのためにはメーカーオーダーに従って、「メーカーに貢献した」という実績もまた、大切なんでしょう。
それがつまらないレースだとしても、です。
それがドライバーの全力を出し尽くしたレースでなかったとしても、です。

この辺りはプロスポーツ全体に共通した困ったチャンだと思います。
でもさ、ホラ、今年はロッテがすんごく楽しい野球をやって優勝したじゃないですか。
私としては「ただ勝つこと」だけしか頭にないらしいがんじがらめに管理されたチームよりも、文字通り全力を尽くしてくれる選手のチームを応援したくなっちゃうんですけどね。
同じ「勝つ」でも、同じ「勝負」でも、この違いって大きいゾって思うんですよね。
全力を尽くすってことではどのチームも同じだとは思うんだけど、上手く表現できないんだけど、、、
少なくとも、wadaさんが言ったようなことが同じ国産メーカーの中であれば「反逆者」扱いになるんじゃないかと思われます。
ドライバーはチームの、メーカーのロボットかよ、って思います。
見ている方がつまんないったらありゃしない。
管理するのもされるのも、全くダメじゃん!とは言いませんけど、ほどほどにね、って思います。

そんなこんなで我が家では、サーキットにお邪魔している訳です。
ムルシーちゃんが完走なんてしちゃうと、感激して泣いてしまったりしてしまったりする訳です。
「だって煙はいてるのに走ってるしぃ〜」って感激の涙と共に言うと
「あれは山西の屁ですから。」なんて言ってくれちゃうチームだったりする訳です。
私たちなんかがフツーなら話もすることのないだろうお金持ちな方たちであるにも関わらず、それでもなおJLOCを応援したくなっちゃうのは、そこに関わる人たちがとってもステキだからな訳です。
会長さんはじめ、奥様も、マネージャーさんも、ドライバーさんも、スタッフの皆さんも、とってもステキな人たちだからな訳です。
サーキットに行くことで、心が洗われちゃうなぁ、なんて思う訳です。
今はスポンサーじゃなくなってしまったらしいけど、ありがとう○ーソンなんて思う訳です。

ところが今年はどうにもこうにも行かれないのですね・・・
ナゼって、一言で言うならば経済的理由、なのですね・・・
当初の予定では、アワヨクバ2回行くつもりだったのですね・・・
いつもなら「しょーがねぇ〜なぁ〜」って言うおとーさんが、今回に限ってはガンとして「ウン」と言わないんですね。
最後の最後まで粘りましたけど、ダメでしたね・・・
それはそのまま我が家の経済が危機的状況にあることを意味するのでしょう。
そりゃそうでしょう・・・思い当たるフシは・・・ありますから。
ま、仕方がありません。

今回、2台のムルシーちゃんたちは300クラスに揃って出場してます。
名物ゼッケンの「88」は500クラスでのエントリですからつけられませんが、2台揃って無事に予選は通過したようです。
よかったよかった。
明日も天気は良さそうだし、がんばっておくれよぉ〜〜〜


そりゃアナタ、表彰台に上がってくれればこの上なく嬉しいですけどね、まずは事故も怪我も無く、そしてトラブルも無く、最終戦を完走してくれれば嬉しいですね♪

にしても、行きたかったなぁ・・・
posted by チャマ at 00:41| Comment(7) | TrackBack(1) | サーキットに行こう♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
検索して飛んで来たのは私です。(笑)
あのドライビングと人柄に惚れこんでいる、
和田選手の長〜いファンです。
私が言うのもナンですが、
これからも応援して下さいね。
ご存知かもしれませんが、
和田選手のHPをお知らせしておきます。
http://www.geocities.jp/wadaqweb/
Posted by うろちょろQ at 2005年11月12日 08:31
うろちょろQさん、はじめまして&いらっしゃいませ♪
そーでしたか、検索の主はアナタ様でしたか!
コメントして頂いて、チョー嬉しいです!!!

私は難しいことは解りませんが、時折見られる和田さんの強気の走りが好きです。
一昨年の富士でしたか?2レース制の時のあのイケイケGOGO!の走りには感動しました。

一見クールなんですけど、実はオチャメだったりして、でもって優しくて、、、ステキな人ですよね。

>私が言うのもナンですが、
これからも応援して下さいね。
ご存知かもしれませんが、
和田選手のHPをお知らせしておきます。

ハイ!応援させて頂きますよぉ〜。
うろちょろQさんのようなファンの方に「応援してネ」と言われるのは、嬉しい限りでございます。
ホームページは…スンマソン…知りませんでした。
ずっと以前に探した時には、全然更新されていないらしいサイトしかヒットせず、、、、、
お陰様で早速行ってきました&コメントまで残してきちゃいました♪
ありがとうございました。

うろちょろQさん、これからも是非ヨロシクお願い申し上げますです!
Posted by チャマ at 2005年11月12日 14:40
返信ありがとうございます。
そうそう、あの2ヒート制のレースには
すんごいシビレました!!!!!
やっぱたまには和田さんのスプリントレースが見たいなぁと思っちゃいました。

和田さんHP、今は動いてるみたいですね。
ご本人のコメントも欲しいですね〜。

チャマさんご家族も、来年はまた現地に観戦に行けると良いですね!!
Posted by うろちょろQ at 2005年11月12日 19:46
>そうそう、あの2ヒート制のレースには
>すんごいシビレました!!!!!
>やっぱたまには和田さんのスプリントレースが見たいなぁと思っちゃいました。

ですよね、ですよね。
和田さんって、いつもは相棒仕様のクルマでがんばっているんじゃないですか?
いや、これはホンノ想像なんですけど、そんな気がするんですよ。
でも、あの時って2レース制だったから、和田さん仕様だったんじゃないかなぁ〜って思ったんです。
これもホンノ想像ですけど。
実情は判らないですけど、あの時は気迫の走りってカンジがしましたよぉ〜。
その後が大クラッシュだっただけに、すっごく残念だったですけど、またあんなスゴイの見たいですよね。
人様仕様のマシンを乗りこなす燻し銀の腕もスゴイですが、たまには・・・ネ♪

いやぁ=ん、今年はホント、懲りました。
ヘソクリしますよぉ〜、これから!
いつかサーキットでお目にかかれるかもしれませんね!
なんか、一層ヘソクリ溜めたくなりますわぁ〜。
Posted by チャマ at 2005年11月12日 19:58
あ゛!
>またあんなスゴイの見たいですよね。
って、クラッシュじゃないですよ。
和田さんの走りっす。

あ〜、危ない。
誤解を生むところだった・・・(汗)
Posted by チャマ at 2005年11月12日 20:00
仕様もそうでしょうが、GTもS耐も、
コンビを組んでの“耐久”レースじゃないですか。
だから、速く走るだけでなく、
持たせる走りをしなきゃいけないですよね〜。
でも、和田さんの走りの魅力って、
やっぱスプリントの方が顕著に出ると思うんです。
もちろん耐久でも、今年もS耐で優勝したり
表彰台に上がったりしてますが。
‥車をよ〜くわかってるドライバーさんですよね。
だから無茶しないし、それでいて速い。

なぁんて私も、そんなにわかってる訳じゃないですが。(苦笑)

本当に、来年はサーキットでお会い出来るかも知れませんね!
観戦費捻出、私も大変です。
お互い、がんばって貯めましょう!!(苦笑)
Posted by うろちょろQ at 2005年11月12日 22:36
>‥車をよ〜くわかってるドライバーさんですよね。
>だから無茶しないし、それでいて速い。

>なぁんて私も、そんなにわかってる訳じゃないですが。(苦笑)

なぁ〜にをおっしゃいます!
そのとーりかもぉ=、って思って読ませて頂きましたよぉ。
知れば知る程、カッチョい〜ぜ和田さん、なんて思いますね。

>観戦費捻出、私も大変です。
ですね(泣)

>お互い、がんばって貯めましょう!!(苦笑)
ラジャ!
こんなことがあるから、仕事に行く足も少しは軽くなるってもんですね(笑)
Posted by at 2005年11月13日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9011145

この記事へのトラックバック

タイトル変更しました〜〜!
Excerpt: 先日チームの運営会議(チームを統括している代表4人)で来シーズンのチームの陣容を決めました。 私は引き続き、低学年チームの監督をする事になりました。より強いチームを作る為に、来シーズンもがんばるよ!..
Weblog: 少年野球監督のつぶやき日記
Tracked: 2005-11-06 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。