2007年05月25日

だってそーゆー時代なんだもん

CMで、「だってそーゆー時代でしょexclamation&question」と、綺麗なお姉さん(?お母さん?)が〆るものがある。

私は基本的に「そーゆー時代なのexclamation」という〆方は好きじゃない。
「時代が変わっても変わらないもの(変えない方が良いもの)がある」と思っているので、何でもかんでも「そーゆー時代」を錦の御旗に掲げて変えりゃぁいいってもんじゃいない、と思う時がある。

それでもやっぱり時代は移り変わっていて、当然世の中の状況も移り変わっていて、旧態依然とした考え方では自分が抱えている問題の何も解決しないどころか、余計にコンガラガッテしまうことだってある。


自分だけでは解決できない・好転できない時に、人間は他者に「相談」する。
「相談」にはパターンがあって、自分が既に持っている結論を【アナタが正しいのよ】と肯定して欲しい「相談」と、自分の考えを他者に話すことで固めていくという「相談」と、解決への糸口や方向性などを他者に求める「相談」、ってぇのがあると思う。
いずれにしもて、誰かに相談する際には自分が今置かれている現状をまず説明しなくてはならないのだけれど、それは当然、説明をしている自分の主観に基づいた状況説明でしかない。

自分と似たような観念を持っている人間や、今目の前にある問題が発生している時間・空間を多少なりとも共有しているような人間だったら、多くを語らずとも状況を理解してくれたり、抱える問題はその通り問題だと共感してくれたりはする。
でも、そうじゃない人だと、現状に対する相談者の主観がそもそも「間違っている」と指摘されることがある。
こういう時、「アナタの主観を変えることが問題を解決する」という方向性で、相談の答えが返ってくる。
それはつまり「問題の原因はアナタ」と言われていると一緒なのだ。

自分の主観を間違っていると指摘されるということは、自分の一部を否定されるということだし、その問題に憑かれてしまっている自分にはその一部は全部のように受け止めてしまうから、そうそう易々とは受け入れられない。
相談相手の状況判断は間違っているのだ、自分が正しいのだ、ということを何とか相手に理解・納得させようと試みる。
それでも相手が納得してくれない場合、そして自分も納得できない場合、「話しても無駄」=相談する相手を間違えた、ということになってしまう。
相談相手が年長の人だったとき、最後の手段のように「今はそーゆー時代なの」という切り札を出す。
相談された人間は「時代は関係ない」とか「なんでも時代で片付けるな」という言い方をするか、「それはそうかもしれないけど・・・」と前置きをして自説を繰り広げるか、「そうだねぇ。じゃぁこうならどう?」と切り替えて続けてくれるか、なんだろう。

私が「今はそーゆー時代なの」という切り札を出した場合、大抵は最終的には年長者のその昔気質の意見が正しくて、「おっしゃる通りでした」と反省することの方が多い。

「なんでもそーゆー時代で片付けるな」と思うのは、結局自分の経験からそう学習しているということでもあるんだろう。


これまで何度か(も)、「公共の場での子ども(とその親の)のマナー・モラルの低下」を嘆くようなことを書いた。
それらを振り返ってみても、私という人間は「アナタの主観こそが間違っている」と言いたい人間なのだということはよく判る。

また、自分が怪我をしたり、息子が肘を故障するにあたって、今時の子どもは体の使い方を知らないんだ、ということも書いている。
体の使い方を考えるとき、私はまったく逆の思考になっているように思う。

昔(少なくとも私が子どもだった頃)と今を比べると、子ども達の行動パターンが減少しているように思う。
都会では昔も今もあまり変わらないのかもしれないが、少なくともオラが村近郊を見回しても、農作業の手伝いをする子どもはすっかり居なくなったし、河原や土手や、足場の悪い場所で走り回る子どもも居なくなった。
メンコや剣玉やゴム跳びやケンケン、なんて遊びをするのは学校の「総合」の授業の中でするくらいのものだし、その代わりに子ども達はいろいろなスポーツの教室に通っている。
チャリでぶっ飛ばすのだってアスファルトの整備された道ばかりで、まず砂利道なんて通らなくてもどこでも行かれる。

それは彼らが悪いのではなく、「そーゆー時代」なのだ。

人間なんてぇのはあらゆるところで楽をするように造られているらしいモノだから、ショートカットできるなと思った体の機能は自然とショートカットされるように出来ている。
それを証明したのが私の膝だった。

フツーに歩けるようになって、「やったるんるん治ったわーい(嬉しい顔)かわいい」と思っていたのだけれど、それはただ単に「痛くないように歩けるようになっただけ」だった。
私の脳もまた「やりゃーいいのさ」になっていたのだ。

1年も経った今になって、自分がいかに足の機能をショートカットしていたかがやっと判った。
それでもフツーに生活は出来るし、歩けるし、そこそこにならスポーツも出来る。
そこそこじゃ済まないシーズンを迎えて、自分の動きがおかしいことがやっと判った。
元の通りの使い方が出来るように、ストレッチ&筋トレをしたり、意識して足を使うようになった今、人間というのは本当にショートカットの天才だと感心することしきりの今日この頃だ。

スポーツを指導する人間は体の使い方を知らない子ども達に対して、数年前までの長い間、何の問題もなく行われてきた練習方法を見直す必要があると思う。
ウチのコーチはよく「気持ち良く投げろ」とか「気持ちよく振れ」と言う。
私にはその意味がとても良く判るし、実際に暴投やドン詰まりの当たりの時は体のどこかが上手くいっていないのが判る。
体のどこかが引っかかるカンジ、とでも表現すればいいだろうか。
でも、体の使い方を知らない子ども達には、多分この「気持ちよく体を使う」という感覚は判らないんだろう。

ここでもまた、「(結果だけ上手く)やりゃーいい」という無意識の意識が存在するんだろう。

(無意識の意識ってナニ?というかいう突っ込みはナシってことで・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗) ま、そんなカンジとご理解くださいませ)

自分の何かを修正するなんてことは考えもつかないらしい。
自分の出来る範囲を超えたり、今出来ることを修正するなんてことを知らないかのようだ。
それはそういう経験がないからなんだろうと想像できる。

チョット前までは子ども達に「気持ちよく体を使え」と言えば感覚的に理解していたけれど、最近はそれが理解されなくなってしまった。
ということは、その「気持ちよく」というのが具体的にどういうことなのかを教えなくてはならない。
体の機能や特性などをイチイチ説明して、だからこういう投げ方をするのだ、と説明をして、肩・肘・手首・腰・足・グラブを持っている方の腕、、、それぞれをチェックしながら教えないとならない。

野球の基本である「投げる」「捕る」「打つ」「走る」のそれぞれを、手取り足取りそれも一人一人に一つ一つ教えてやらないとならない。
数年前までは誰に教わることもなく、それでも他者を見ていつの間にか故障をしない(少ない)体の使い方や基本的な技術を習得していた子ども達が、今では手取り足取り教えないと習得できず、放っておけばいつまで経っても砲丸投げのままでいて、無理をして遠い距離や速い球を投げるから、肘や肩を壊す。

行動パターンが減少した子ども達が、体の使い方を知らないことは必然であって、使い方を知らない子ども達が悪い訳でもなければ、整備された環境やそれを良しとする時代が悪い訳でもない。

大人達に求められるのは行動パターンの減少を嘆くことではなく、目の前にいるのは体の使い方を知らない子ども達であり、その子ども達の体を故障させることなく野球(スポーツ)を教えるにはどうしたら良いか、ということだろう。

昔はどーだった、何が足りない、何が悪い、なんてことよりも、今目の前にいる子ども達の現状をありのまま認め、彼らの望む方向にどうしたら後押しをしてやれるのかを考えることが大切なんだろうと思う。

公共の場でのモラルの低下を嘆く自分と、体の使い方を知らない子ども達を観察する自分では、まるきりスタンスが違うのだ。

一方では「公共のマナーをちゃんと教えとけよちっ(怒った顔)と子ども達(その親)を変えることが問題解決と考えている自分が存在していて、他方では「体の使い方を知らないのは仕方ないことだもうやだ〜(悲しい顔)と子ども達の現状に合わせて周りが変わることが問題解決と考えている自分が存在する。

それは「場面が違うからじゃない?」なんて思ってみたりもした。
でも、マナー・モラルも体の使い方も「子どもに何かを教える」という点では同じことなのだ。

故障した体の機能を治療し、ついでに体の使い方をも修正するために自らが選択して通っている筈の施設でも、彼らにはまず「なぜそこで騒いではいけないか、なぜトレーナーの指示に従わなければならないか」から教えないとならない。

行動パターンが減少した子ども達が、公共の場というものがどういうものであって、そこでやって良いこと悪いことを知らないこともまた、必然なんだろうと思う。
だって、今の子ども達ってどこに行っても「おウチ感覚」の子どもが多いんだもんね。

母親の実家で、帰省した母や叔父・叔母が、居間の前の廊下で正座して両手をついて「ご無沙汰してました。」なんて挨拶をじいちゃん・ばあちゃんにしていたことを覚えている。
子ども心に「例え自分の生家であってもそーするもんなんだなぁ」という、公共性というか、「非おウチ感覚」というか、なんとなくのそんなモノはそういう時に学習したんだろうと思う。
私も含めて、今時自分の実家でそんなことをしている人がいるんだろうか?
こんなこと一つ取り上げてみても、子ども達の生活が一本調子のつまらない歌のようになっているのは間違い無いように思う。

それは親が悪いんだろうか?

体の使い方も公共の場でのマナー違反やモラルの低下も、親の努力次第で解決するんだろうと思える。
要するに、子ども達にいろいろな体験をさせれば良い、という結論に達する。

野山を駆け回ったり、川で魚をつかみ取りしたり、畑や田んぼで農作業をしたり、、、、、いろいろな体験を子ども達にさせることを目的とした団体も数多くあるし、学校の行事にも兎角そういう類の主旨のものが多い。

でもね、そんな程度の経験なんて、やらないよりはやった方がいいんだろうけど、経験のウチには入らないって思うんだよね。
「あー楽しかった」
って思ってそれで終わるだけだと思うんだよね。
それは「やりゃーいい」ってぇのと、同じなんだろうって思う。

本当の経験ってぇのはさ、「楽しい」のその先からだと、私は思う。

今の時代というのは、経験=「楽しい」までで終わってしまっている時代なんだと感じる。
そして大人達は「経験させている」と信じて疑わない。

良いも悪いもなくて、そーゆー時代なんだ、ということ。

大きな社会や世の中の子ども達がどうでも、正気なところ小さなオラが村に住んでいるフツーのおばちゃんにはどーでも良いことなのだ。

でもね、自分の息子達と関わりあう多くの子ども達や、自分と時間や空間を共有する子ども達は、どーでも良いって訳にはいかない。
「世の為人の為になんとかしてあげなくちゃ」なんていう聖母様のような心からではなく、「ウチへの被害軽減のため」なのだわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

でもね、日本人ってぇのは元来「世の為人の為がめぐり巡って自分の為なのだ」ということを知っている民族なんだってよぉ。
そういう民族性のところに「オレオレ!」主義の「オーベーカexclamation」を取り入れたところに歪みが生じてしまったように思える。

ま、それはいいとして、とりあえずは目の前のコトをなんとかせねば、なのだ。
とにかく今という時代の子ども達は、心身共に昔気質の問題解決法ではどーにもならないのだ。

それは恐らく、私自身が登校拒否をしていた時に周りの大人達全員が思ったことと同じなんだろう。
結局のところ、いつの時代もそーゆー時代なのだ。

で?私はどーすればいいのだ???がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)ダッシュ(走り出すさま)ー(長音記号1)

と思いつつ、ネットの波にゆらゆら揺られてたら、おもしろいモノを見つけた。


だってそーゆー時代なんだもん2に続く・・・
posted by チャマ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育、とか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42846497

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。