2007年02月01日

国会って何するところ?

柳沢厚生労働大臣が「女は子どもを産む機械」と発言したことが、もっぱら世間でも国会でも大騒ぎになっている。

一番騒いでいるのが女性国会議員の皆様方。
政党の壁を何の苦もなく乗り越えて一致団結。
国会の内から外から、辞任を要求している。
一致団結するのは構わないが、国の大事な会議中に、やれ「許せない」だとか「時代錯誤」だとかって話は辞めて欲しいと思っているのは私だけだろうか?
彼女達は「女性を代表して」とか言っている。
「この発言を聞いた女性は全員怒っている」とも言っている。
アナタ達を代表だと思ってもいない、発言を聞いても怒らなかった、一応性別女性の私がここにいるんだけどなぁ・・・

もし万が一
「こういう女性がいるからナンタラカンタラ・・・」
とか
「女性のカザカミニモおけない」
とか言う輩がいるとしたら、そっちの方がずっとも問題だ。
と私は思う。




幾度となくその発言は「肉声テープ」でTVから漏れ聞こえてくる。
彼は本当に「女性は子どもを産む機械だ」と言っているだろうか?

確かに「言葉」としてはそう言っている。
でも彼が言いたかったのは、「子どもを産めるのは女性だけ」ということと、だからこそ産まれてくる子どもの数は限られているのだ、ということを言いたかっただけなんだろう。
それを言い表すためにフッと頭に浮かんだのが、「機械」とか「装置」という言葉だったんだろう。

機械とか装置というのは、それぞれ生産できる製品、出来ることが決まっている。
ある程度の応用は利くだろうけど、限度がある。
いくら不二家がああなったからと言って、ウチの会社の機械でネクターやミルキーは作れないのだ。
いくら同じ「人間」だといっても、女性が子どもを産まなくなったからと言って男性には産めないというのと同じなのだ。

彼の発言を肉声テープで聞くと、「機械といいましょうか、なんといいましょうか・・・機械という言い方はよくないですね。」というようなことを言っている。
私には、比喩する言葉が上手く見つからなかったというだけじゃないんだろうか、と思える。
頭の回転が鈍いというか、ボキャブラリーが無いというか、発想が乏しいというか、、、、、、
そんな頭の悪いヤツに大臣なんつー大役は任せられないと言うのなら、それはそうかもしれない。

でも、彼女達がやっていることは、芸能レポーターと同じだと思う。
自分たちに都合の良い文章だけを切り取って、「こんなこと言ったんですよ、この人!」と言っているように思える。
子どものケンカじゃないんだからさぁ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

こんなどーでもいい事(私にとっては)で貴重な税金を使って時間を無駄にして欲しく無い。

塩野七生さんが書いた「サロメの乳母の話」(中央公論社)という本がある。
ン十年来、私のお気に入りの本なのだけれど、その巻末に「饗宴・地獄篇」というのがある。
今の女性議員たちを見ていると、まさにソレを地でいってるなぁと思うのは、私だけかしらぴかぴか(新しい)

興味を抱かれた方は是非ご一読下さいませるんるん
posted by チャマ at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍総理が所信表明で役人の書いたメモを読んでたのを非難されていたけど、この程度の失言で騒がれればアドリブで喋ることなど危なくて出来るわけない。

こんなつまらん揚げ足取りなど、予算決めた後に余った時間でやればいいのに・・・ホンマに国会って何するところ?って騒いでる野党に尋ねてみたいですわ。
Posted by おいら at 2007年02月02日 01:23
昨日は与党の面々が国会を欠席し、選挙応援に行ったのだそうです。
朝のワイドショーでその報道を見たウチの次男坊小学校5年生は言いました。

「おかーさん、これってこの人たちの仕事なんだよねぇ?このおじさんより休んだ人たち辞めさせた方がいいじゃないの?
 仕事なんだからさぁ、勝手に休んじゃいけないでしょ!」

ウチの息子の言ってること、何か間違ってるでしょうか?

おいらさんがおっしゃるように、余った時間でやっちくれ、って思います。
国会議員の仕事は政権取ることじゃぁない筈ですものね。
Posted by チャマ at 2007年02月02日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。