2006年07月09日

ストレスの解消

ずぅぅっと前にも書いてるけど、我が家には「禁煙セラピー」なる本がある。
それによると、喫煙は確実にストレスの解消にはなっているのだそうだ。
ただし、それは「タバコ吸いたいよぉ〜」という欲求を抑えられているために起こるストレスを解消しているに過ぎない。
タバコを吸う人と吸わない人では、喫煙への欲求を抑えられている分、タバコを吸う人の方がストレスを多く抱えているとくことになるらしい。
そしてタバコのストレスを解消することで、他のストレスも解消されたかのような錯覚に陥るのだそうだ。
つまりは生活の上で感じているその他のストレスに対して解消なんぞはされていないし、何も問題は解決されていないのだけれど、ストレスが解消されたかのようなつもりになるってことだ。
そんな話を会社でしていたら、工場長が言った。
「だからかぁひらめきタバコを止めてストレスで胃を悪くする人がいるんだってさぁ。」

う〜む、肺を守るか胃を守るか・・・ってこと?



今流行りの癒しとかって、結局はストレス解消ってことなんだろう。
でも根本的な問題が解決されない限り、そのストレスはまた溜まるのだ。
結局タバコも癒しも、心の日曜日ではあっても月曜日は確実にやってくるってことだ。
喫煙者も癒し愛好家も、それに気付かない限りそれらの産業は衰退することはないんだろう、多分。

私はナゼか判らないけど、ムシャクシャすると掃除を始める。
またはキッチンに立つ。
料理は普段あまり作らない凝ったものを作ってみたり、有り合せのもので創作してみたり、その時々で違ったりする。
でも掃除は、大抵が押し入れの整理をする。
なんだか判らないけど、あ゛〜〜〜ちっ(怒った顔)となると、思い立ってそういう行動に出る。

チョット嫌なことが続いたここ数日、なんだか煮詰まっていた。
そしてなんだかフッと、「掃除しよ」って思った。
今回は押し入れの整理じゃなくて、タンスの整理。
ついでにクローゼットもね、ってカンジだった。
8年ほど前に家を建て替えたら、押入れが一つしかなくなってしまった。
クローゼットはおしゃれに思えたし、使い勝っても良いように思えてそうしたんだけど、実際は使いにくかったし収納には最悪だって思う。
だってさぁ、ウォークインクローゼットって名前はカッチョ良いけど、何も仕切りも棚もないから、結局箪笥を勝ったり棚を作ったりバーを渡したり・・・
で、新しく我が家に来た何かを入れようと思ったら、この配置じゃダメじゃん、なんてこともあったり・・・
やっぱ押し入れが良かったなぁ・・・なんて今更ながらに思う。
でも時すでに遅しなのだ。

蒸し暑い日だったけど、半日かかって予定終了。
なんか汗で身体がベタベタする。
でもは気分爽快。
いやぁ、スッキリしたぁ〜。

そしてフッと思った。
これも喫煙や癒し同様に、ストレスが解消されたと錯覚しているんだなぁって。
だからムシャクシャすると「やろう!」って思い立つんだろうなぁって。。。

なんと言えばいいんでしょうか。。。
掃除をした後の達成感とでも言えばいいでしょうか。
料理が完成したときの終了感とでも言えばいいでしょうか。
「私はこれをやり終えたんだ」
という、何かを完結したんだという、その気持ちが、私のムシャクチャをかき消していたんだなぁって思った。

何かをやったその結果を体感することが、上手く行かないナニカまでも上手く完結したような、そんな錯覚を引き起こしてるんじゃないのかな、なんて思った。

なんか上手く書けないけど、そんな感じがした。

日本人はパチンコが好きだ。
それはナゼかと言うと、結果が直ぐに判るからだと前に聞いたことがあった。
「儲かった」とか「損した」という結果が、直ぐに判るからだと聞いたことがあった。
儲かった時には、私の掃除と同じ要領でストレスが解消されるんだろうな、って思う。
パチンコをやる人で、儲かった時が無いという人はいないだろう。
必ず一回は出てるだろう。
その時の爽快感が忘れられなくて、また足がパチンコ屋さんに向いてしまうのかもしれない。
これはタバコに通ずる。
タバコを「上手い」と思ったことが一回でもあれば、その時の記憶がタバコを欲するのだ、と前出の本には書いてあったと思う。

そうか、私の掃除も心の日曜日だったのか・・・
タバコやパチンコと、出所は同じってことか・・・

これはマズイことになった。
心の日曜日でストレスが解消されても、確実に月曜日は来るんだ。
そうと判れば、掃除なんてやって気分爽快スッキリ生るんるんなんて思ったところで、また二日酔いの悪夢が襲ってくるよう真似を、果たして私はするんだろうか?
唯一私が自発的に掃除をしよう!とするきっかけが、なんだか失われてしまったような気がした。。。
これはマズイぞ・・・がく〜(落胆した顔)

でも人間なんてお馬鹿チャンだから、目先の気分爽快に目が眩んで「月曜日は確実に来るのだ」と判っていても、心の日曜日に走ってしまうかもしれない。
特に私なんぞは目先のことに走りやすいタイプだから、大丈夫だろうなんて思う。
いや、そう思いたい。
そうでもしなきゃ、これから先、箪笥だの押し入れだの物置だのの面倒な掃除だとか、手の込んだ料理だとかなんて、きれいさっぱりしないだろうから…

目先のニンジンに弱い人間でよかったと思えるような、貴重な体験をした夏の蒸し暑い土曜日でした。
posted by チャマ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おっ?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20491293

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。