2008年12月31日

脆弱な自尊心

直前の記事で、「脆弱な自尊心」という言葉を使いました。

実はこれは受け売りであります。
そりゃそうだ。
私にこんな発想が出来るようなミソは無いのであります。

どこからの引用かといいますと。。。

『少年をいかに罰するか』(講談社)

宮崎哲弥+藤井誠二

第一章 風潮 P144 L11 藤井発言

から頂いております。

この本は、宮崎さんと藤井さんが『「少年は死刑にするべきか…」。改正少年法の矛盾点と改善案を、評論家とジャーナリストが徹底討論。』している本です。

評論家とジャーナリスト・・・
世の中で一番怪しい身分の方たちだなぁ・・・
なんて思いつつ、実は宮崎さんがキライではない私は、そのブ厚さに一瞬怯んだものの、ついつい買ってしまったのでした。


続きを読む
posted by チャマ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

派遣切り

100年に一度という大不況の波が押し寄せている現在の我が国であります。
そして、テレビでも新聞でも、「雇い止め」「派遣切り」の文字を見ない日はありません。

勤務していた会社の閉鎖に伴い、医療事務の試験をパスして病院に配属されてはみたものの、様々な理想と現実のギャップに満身創痍となり早々に退職し、10年振りに派遣社員に戻ってみた私ではありますが、なんとまぁ、半年もしないうちにご多聞に漏れず「派遣切り」の憂き目にあってしまいました。

試練は乗り越えられる者にしか訪れない、と申しますが、それにしてもあまりに試練続きで、まったくもってトホホ。。。でございます。


続きを読む
posted by チャマ at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) | おっ?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

アイデンティティ構築真っ最中の彼ら

我が家の元不登校次男坊がフツーに学校に行き始めて早2年。
今では自分が不登校だったという事実認識はあるものの、その当時の大抵のことは忘却の彼方にあるようです。

中嶋みゆきが歌っているように、悲しい記憶が飽和の量を超えたら忘れるより他には無い、という理屈から、彼は嫌な記憶を忘れているのかもしれません。

また、私達人間の多くは幼い頃の記憶が余程強烈なインパクトを持ったもの以外で覚えているものが少ない、からかもしれません。

いずれにしても、彼が不登校だった当時のことの殆どを忘れてしまっているのは、人間がもつそのメカニズムによるところから、ということなんでしょう。

現在の彼はかなり世間にこなれてきていて、不登校当時やそれ以前にもっていたストイックさやガンコさや猪突猛進さなどなど、それ故に世間に順応出来なかったのかもしれないけれど、強烈だった個性というものはあまり感じられなくなりました。

母としては、それは嬉しいような寂しいような、微妙な感情を持たせる事実でもあります。
良くも悪くも、いろいろな面でフツーになった(なってしまった)次男坊が、幸せに日々を暮らしているだろうことに安堵しつつも、必要以上に長いものに巻かれる的な様子には、少々もうやだ〜(悲しい顔)なのです。

ああ、親というのは我が子がどうなっても満足できない生き物なんでしょうねぇ・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
つーか、親というより私が、ですかねふらふらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


続きを読む
posted by チャマ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育、とか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

サイン野球は高校からにして欲しい

ソフトボールを始めて早。。。。。exclamation&question何年だっけモバQわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
6〜7年になったのかしら?
何年経っても相変わらずな私の技術レベルはまぁ置いといて
今年から、監督が代わりました。

私は学生時代に部活でソフトボールをやっていた訳ではありませんから、全てにおいて基礎というものが出来ていません。
人から言わせれば「経験者かと思ってた」とは言われますが、それは私が得意とするスキルである「ハッタリ」によるものですねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

だってほら、人は見かけが8割、でしょでしょるんるん
相手チームが私なんぞを「コイツやるんじゃねぇ〜?」なんて思っているうちに、本当に上手い選手がノーマークで暴れまくってくれれば・・・ってな訳です。



続きを読む
posted by チャマ at 18:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。