2007年11月30日

HARRY POTTER -and the Deathly Hallows-

昨日、いつものクロネコのお姉さんが、料金代引きでハリーポッター最終作の原書を運んでくれました。

ハリーポッターは、ストーリーとしては「だから何?」って思うんですけど、何も心に残るものは無いんですけど、これだけとっ散らかしたストーリーをどうやって収拾つけるんだろうという興味があります。
魔法モノとかファンタジーとかって基本的に大好きなので、一回読んだらそりゃアナタ、最後まで読みたくなるのが人情ってもんでしょ。

で、今までは息子達に学校の図書館から借りてきてもらってました。
買ってまで読む気はさらさらないので・・・つーか、主婦には高過ぎるし、息子達は読まないですしね。

ところが、日本語訳版の出版は来年の夏でして、その頃には長男は中学校を卒業してるし、次男坊は中学校で野球三昧だろうし・・・
今までのように「図書館で借りてきて」と言って借りて来てくれるかどうか判りません。

それに、今年イッパイで会社も無くなる=仕事がなくなる私には、時間はたっぷりある訳で、英語が苦手でも辞書という強い見方もいる訳で・・・手(チョキ)
だったら最後くらいは原書にチャレンジ!ってな訳で、昨日届いた次第です。

届いてから気がついたことは、
「あぁ、大掃除が私を待っていたんだっけ・・・」
ということでした。がく〜(落胆した顔)exclamationー(長音記号1)
posted by チャマ at 14:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凶悪殺人と「超能力者」たち  -スキゾタイパル人格障害とは何か-

という本を先週買いました。
別段読みたかった本という訳でもなく、著者も全く知らない人でしたけど、たまたま野球少年次男坊が
「おかーさん、野球の大常識って本買ってぇ〜」
と言ったので、ネット注文の際に送料無料を狙って「ナンカないか」と探していたら、ぶつかった本です。

なぜこれに決めたか、というと、以前araiken師匠が
「スキゾ・キッズ」というタイトルでブログを書いていたからなんですね。

スキゾってぇのはなんでも、昔流行語大賞をとったそうですが、私には一体全体なんのことなんだか・・・
ってな訳で、「スキゾ」なんておかしな語呂も手伝って、ずっと気にはなっていた単語でもありました。

で、既に本屋さんで先々週購入して、読まれる日を待っている2冊の本をすっ飛ばし、昨日から読み始めたんですが・・・

自主休学中(休学届けは出していないんですけどね)とはいえ、今期テキストだけ購入して自主勉している科目が「人格心理学」ですので、期せずしてタイムリーな書籍を購入したように思います。

でもさぁ・・・
一般的に性格と呼ばれているものと、医者の範疇であるだろう人格障害と呼ばれるものの境界線が判らんのですわ。
なんでもカテゴリー分けすれば良いってもんじゃないような気がするんだけどなぁ・・・

理解できないけど実際にそんなこともあるんだなぁで、いいじゃない。
だめなのかなぁ・・・???

ちなみに、著者である「矢幡洋」さんをネットで探してみたら、本のイメージとはかなり違って爆笑してしまいました。。。失礼わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
本は青弓社からでてます。
posted by チャマ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。