2007年05月22日

やりゃーいいのか?

先週の金曜日、半ば強引に会社にお休みをもらいました。

今月私は3日間の平日休暇をもらえるのですが、決算月なので今月末来月初めは想像すらしたくない・・・というか想像も出来ないのですが・・・状況に追い込まれそうなので、ナンヤカヤとこねてくる理屈を力技でねじ伏せて休暇をGetしました。

自分が休めないからって私まで巻き込まないでくれないかなぁちっ(怒った顔)

それと、嫌がらせのように休みの日にどーでも良いことで電話してくるのやめてくれないかなぁちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

どーせ会社にいたって自分のクルマいじってるだけなんだから、人のことは放っておいて欲しいんですけどねちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)

悪貨は良貨を駆逐する・・・

悪貨には駆逐されないぞexclamation×2
と思いつつ、徐々に蝕まれているような気がしてならない今日この頃。

しっかりするんだぁ〜オレフリーダイヤル


ま、それはいいとして、お休みをとったのには理由がありまして、我が家で管理する分の空き地が、まぁものの見事に草ボーボーふらふらあせあせ(飛び散る汗)
子どもの身の丈程もある・・・ってのはこーゆーことを言うのねぇ〜。
なんて感心している場合じゃない。
涼しい午前中のうちに、庭木のチョコットと子どもの身の丈を刈り込みました。

ホント、草むしりじゃなく、草刈りexclamation×2
中学生の時、草刈正雄が好きだったんだよなぁ〜黒ハート
なんて思いつつ、目の前の毛虫は認知しないよう心を凍結しつつ、がんばりました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

草刈正雄ともサヨナラし、毛虫がどこかについてそうな服を洗濯機に放り込み、ひとっ風呂浴びて、お昼ご飯を食べながら、久し振りのお昼のTVにあちこちチャンネルを回しておりました。

で、またまた我が国の国営教育放送に引っ掛かってしまったんですねぇ・・・

良くも悪くも、ここのチャンネルはネタがあり過ぎって気がします。


続きを読む
posted by チャマ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育、とか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天に向かって唾を吐く

小学校3年生時、入学式・始業式の日から1週間、私は学校を休みました。
前日に家族で出かけて、思い切り風邪をひいてしまったのでした。
どこに外出したのかはキレイさっぱり忘れましたが、帰ってきてから無茶苦茶寒かったのと、地球の自転を感じているかのように世の中がグルグル回っていたことを覚えています。

小学校3年生の一年間は、後にも先にもこの一週間のお休みだけで、あの日外出さえしなければ・・・それもオジョウコにスカートなんてもんをはかなければ、皆勤だったんですよね。
翌年に登校拒否をすることが判ってれば、毛糸のパンツはいてったのに・・・

それから5日間くらいは、ほとんど飲まず食わずで寝込みました。
空腹なんて全然感じることもなく、ただひたすら眠っていたように記憶しています。
なぜか自分の布団ではなく、コタツの脇に布団を敷いてそこで寝込んでいましたね。
(寒い田舎に住んでいるので、4月と言えどもまだコタツがあります。
 5月も下旬となった今現在も、我が家の2Fにはコタツがスタンバッテいます。だって、まだ朝晩は寒いんだもぉ〜〜ん)

母親が看病しやすかったからなのか、トイレに一番近かったからなのか、同じ部屋で寝起きしていた妹に風邪をうつさないためなのか、、、、、
なんだか判りませんが、そこで寝ていました。
とは言っても、飲まず食わずで寝込んでいるので、フラフラしながらトイレに行ったのだって5日間に何度あったかなかったか、ってなもんでした。
少し元気になった頃、自分の手を見た時にあまりに痩せこけているのには、ビックリするやら嬉しいやら・・・
ま、体調が戻ったら一瞬で元に戻りましたけどねふらふら

何日目か忘れましたが、ほんの少し、何かを食べたか飲んだかしたんでしょうね。
流石にそう何日も飲まず食わずだと、母親だってお粥くらいは無理にでも食べなさい、とか言って食べさせられたのかもしれません。
食べた記憶は無いんですよね。
食べた記憶は無いんですが・・・

「う゛っ、出るシャープダイヤルたらーっ(汗)
っていう、そうアノ感覚が私を襲ったことは克明に覚えています。

飲まず食わずでずっと寝ていたので、何をすにも動作が超スローモーションになっていたので、一番近い部屋とはいってもトイレなんて到底間に合いません。
周囲を見回しても、吐瀉物を受け止めてくれそうなモノは何もなく・・・
これはもう、最低限の被害をもってして対処せねばならんどんっ(衝撃)
なんてことが瞬時に頭を駆け巡り、私はまず頭を右に向けました。

私の右側には、真っ白でいかにも華奢な雰囲気を醸し出している障子がお日様の日を受けて佇んでおりました。

こりゃダメだ。
exclamation

一瞬で判断し、次は頭を左に向けました。

私の左側には、絶大なる包容力と暖かな懐をもつ、超癒し系のコタツ布団がデデデェ〜〜ンと座っておりました。

どーしよ〜フリーダイヤル

洞察の際の行動は、一旦安全基地に戻ります。
また、考えをリセットする時はスタートに戻ります。

という理論に基づいてかどうかは知りませんが、元の仰向けの状態に戻った瞬間、私の身体はそのガマンのMAXを迎えてしまったのでしたもうやだ〜(悲しい顔)

「最低限の被害で押さえたい」
と思っていたにも関わらず、最悪の事態が発生してしまった訳です。
私の人生って、いっつもこんななのよね・・・ドコモ提供

「あんたはまったくもぉ〜〜〜。よりにもよってぇ〜〜〜。」
と、母親に言われたような記憶がありますが、右も左も考慮した結果こうなった旨を伝えたところ、母も判ってくれたように記憶しています。


天に唾すれば己にひっかかる。

私の場合は唾ではなく、もっと悲惨なモノでしたが、つまりはそーゆーことです。


続きを読む
posted by チャマ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おっ?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。