2007年02月16日

逸脱を考える、前に考えてみたこと

自分のブログも満足にエントリ出来ないくらいの調子なので、このところずぅ〜〜〜っとネット社会とは疎遠でいた。
したらどーだろう。
浦島太郎子だ・・・

全然増えないお気に入りリンクなんだけど、こりゃ削る必要があるようだ。
ken師匠のところでは、再び「逸脱」論議が熱を帯びているようだ。http://araiken.blog8.fc2.com/blog-entry-268.html

ken師匠のエントリされる内容は、大抵私には難しい・・・もうやだ〜(悲しい顔)
数行を理解するのに、結構な時間と根性が必要となる。
だって、単語の意味を調べることから始まるからねぇ〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
「まぁた難しいこと書いてるぞィ。」
と思いつつ、興味が先に立って読んでみる。

・・・・・・・

やっぱりなかなか頭に入ってこないんだけど、本題を理解する以前の段階で気になる一行を見つけてしまった。

【それに、きはむさんは「現代社会は逸脱を許すシステムに向かっている」との現状認識を示していますが、全くそんなことはないと私は思います。】

これには諸手を挙げて賛成する私であったりする。

難しいことは判らないけど、現代社会は決して逸脱なんてものを許すシステムには向かっていないと思う。
それどころか、そんなものを許さなくなってきている方向に向かっているとさえ思う。

続きを読む
posted by チャマ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。