2007年01月31日

個性を考える

先週の太田総理。
「報道の自由」なんてことを議論してました。
何かってぇと「報道の自由」とか言いやがる芸能レポーター。
何でもかんでも報道すりゃぁいいってもんじゃなかろうにもうやだ〜(悲しい顔)

「報道の自由」「知る権利」とか言われるその一方で、「編集権」とか「期待権」とかいう権利もあるんだそうです。
取材を受けたある団体が「期待に反した形で報道された」と報道した側を告訴し、勝訴しました。
片や取材をし報道をした側には、それを編集する権利がある、のだそうです。

要するに、いっくら「自由」とは言っても、ほどほどにネ。
ってことなんでしょうし、「規制」するにも、ほどほどにネ。
ってことなんでしょう。
まるっきり自由な報道も、思いっきり規制された報道も、両方とも危険この上ないということなんでしょう。

何事においても、腹八分目が丁度良い、ってことです。

「個性を考える」というタイトルをつけながら、ナゼこんなことを延々書いているのかといえば、世の中で昨今声高に言われている「自由」とか「権利」とか「個性」とか「平等」とか・・・そんなものがどうも胡散臭く思えて仕方無い私だからです。
それらがまるで、錦の御旗のように思えて、金看板のように思えて、それらを掲げればなんでもアリなのか?と言いたくなってしまう私だからです。

なぜそれらを「胡散臭い」と思うのかと問われれば、判りませんけどね。
自由とか権利とか個性とか平等とか・・・それらが大切なことであることは百も千も承知してますし、そうあるべきだと思います。
でも、世の中のいろいろな場面で声高に強調されているそれらを、私はどうしても胡散臭く思えてしまいます。
私はそーゆークオリアを持っている、とでも言えばいいでしょうか?

・・・クオリアの使い方、間違っているかなぁ・・・


続きを読む
posted by チャマ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

男女七歳にして席を同じうせず

アガサ・クリスティーが生んだ名探偵の一人に、ミス・マープルというおばあちゃん探偵がいます。
彼女は自分が住んでいる村?町?からあまり出ることはなく、事件の捜査らしい捜査もあまりせず、コトの顛末やらなにやらを聞くだけですが、見事事件を解決してしまうというスーパーおばあちゃんです。

続きを読む
posted by チャマ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育、とか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

焼肉屋のナカジマさん=再び

「ウチの嫁にしたい人No.1」に輝いた焼肉屋のナカジマさんハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)
http://ojachan.seesaa.net/article/14146854.html

昨年、その焼肉屋がオラが村に支店を出した。
それまで何年に一度の大博打だった焼肉屋での食事だった筈が、今日で既に5回目を数える。

続きを読む
posted by チャマ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

幼形成熟の典型例

今朝、子ども達と朝ご飯を食べていると、予備校生の兄が短大生の妹を殺害し、バラバラにした、という事件が報道された。

うわ!今朝のメニューはウィンナーと数の子と塩辛だぜ・・・がく〜(落胆した顔)
なんでよりにもよって内臓ばっかのこんな日に・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ま、こんな始まりの一日だってあるさ・・・バッド(下向き矢印)


続きを読む
posted by チャマ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書初め

「なぜ、その子供は腕のない絵を描いたか」 藤原智美・著

著者は取材でレクタス教育研究所を訪れ、そこで子ども達が描いたという、腕の無い・耳の無い・△の胴体に顔が乗っている等の奇妙な人物画を目にする。
全国から子ども達が通ってくるというその研究所の主催者によると、近年そういった絵を描く子どもが増えていて、長方形の川を描く子や三角形を描けない子どもも増えている。
更には「ひとつ・ふたつ・・・」という数え方が判らず「イチ・ニ・・・」と言わなければ通じない子ども、「チュウオウ」という単語を聞き取れない子ども、「そこ・ここ・反対」がどこなのか判らない子ども、「2」以上の数字を理解できない子どもすらいると聞かされる。
『いずれにしても、あの教室で起こっていることは、全国いたるところで起こっていることだ。それは学力、知育という以前の、より深い部分で発生している。人間としての土台のようなものが、ひどく不安定でバランスを欠いたものになっているのだ。子どもはやがて大人になる。
子どもの危機は社会の、人間そのものの危機である。』


そしてすぐに幼児の異変を雑誌で書いた。
研究所の主催者からの感謝の手紙や、読者からの沢山のメールは彼に大きな宿題を残す。
そして記事を読んだという編集者S氏とともに、「積み木人間」の謎解きを開始する。

続きを読む
posted by チャマ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おっ?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

結果OK

新年早々、飛ばしますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

所詮物事なんてぇのは、結果OKです。
どんだけ勉強をしなくても100点とれば誰も文句は言いません。
どんだけ仕事をサボッテも売上金額がビックリしちゃうくらい多ければ誰も文句は言いません。
学校になんて行ってなくたって学校に行っている人間よりも沢山のことを学び有意義な人生を送れれば誰も文句は言いません。
どんなにクソ生意気なビッグマウスだったとしても、それを実現すれば誰も文句は言いません。

文句を言うどころか「スゲェ〜グッド(上向き矢印)」となる訳です。

ですから、所詮世の中は結果OKなのです。

でも本当にそうなのかしら?


続きを読む
posted by チャマ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 不登校を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末特番

毎年の事ながら、年末になると「今年の重大ニュース」的な特番がめっきり増えます。
今年は必ずと言ってよい程、いじめ問題が取り上げられていましたが、それら特番の出演者達が何らかの方法で
「死んじゃダメ!」
というメッセージを聴視者に送っているのが印象的でした。



続きを読む
posted by チャマ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アケオメコトヨロにヨロヨロ

新年

あけまして

おめでとうございます。


昨年後半は見事なテイタラクだった当ブログは、今年もかなりのマイペースで進むこととなりましょう。
本人同様、かなりのグータラブログではございますが、本年も宜しくお願いつかまりまするで候晴れ

新年早々、息子達とその周辺がふざけて言い合っている「アケオメコトヨロ」という合言葉に頭をクラクラさせながら、身体もヨロヨロさせながら、取り急ぎ新年のご挨拶とさせて頂きます。
早々
posted by チャマ at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。